WEB開発備忘録

PostgreSQLで意図的にスロークエリを発行するには「pg_sleep()」

アプリケーション開発中、意図的にselect文をスロークエリーにするにはpg_sleep()を使用すると良い。
pg_sleepは引数に指定した秒数処理がスリープ(停止)する。

select * from testtable;
というSELECT文があったら、pg_sleepを書き加えるだけでスロークエリに出来る。
select *,pg_sleep(3) from testtable; 

スロークエリが発生した際のアプリケーション側制御を検討するのに便利。
クエリー自体の構文はもちろん別途改善する必要があり。