WEB開発備忘録

memcachedの設定をチューニングする / PHPでセッションが書き込めなくなっていた・・

なぜか何度やってもサービスにログイン出来ないって障害が発生しました。
ログを追っていくと、、、DBには接続出来ている、、そして認証には成功している、、
そのあと、ログイン成功画面にリダイレクトしてからセッションが参照出来ていない!

なんだろうと右往左往していましたが、memcachedのstatusを確認すると、、起動していない!!

[prompt] # /etc/init.d/memcached status

まず起動

[prompt] # /etc/init.d/memcached start

設定を確認すると、、デフォルトのまま!

[prompt] # vim /etc/sysconfig/memcached
---
PORT="11211"
USER="memcached"
MAXCONN="1024"
CACHESIZE="64"
OPTIONS=""

さっそく調整です。使用可能なメモリの8割を使うように。

[prompt] # vim /etc/sysconfig/memcached
---
PORT="11211"
USER="memcached"
MAXCONN="65535"
TOTAL=`free -m | head -2 | tail -1 | awk '{print $2}'`
CACHESIZE="`echo "$TOTAL * 0.8" | bc | awk -F '.' '{print $1}'`"
OPTIONS=""

再起動します。

[prompt] # /etc/init.d/memcached restart

設定の反映状況を確認します。

[prompt]# ps ax | grep memcached 

こちらの記事を参考にしました。
俺でもわかるシリーズ: memcachedの設定