WEB開発備忘録

JavaScriptをLinuxのコマンドライン上で圧縮する / UglifyJSのインストールと使い方

Javascript圧縮ツールUglifyJSをインストールして使いました。
Linuxのコマンドラインでコマンドをたたくと、指定したJavascriptファイルを一発で圧縮してくれるという優れものです。
セットアップの一通りのメモです。

[prompt] # yum install gcc-c++
[prompt] # yum install openssl-devel
[prompt] # yum install wget
[prompt] # yum install make

必要なのを一通りインストール

で、まずnodejsをインストールします。

[prompt] # wget -N http://nodejs.org/dist/node-latest.tar.gz
[prompt] # tar xvzf node-latest.tar.gz
[prompt] # cd node-vO.O.O/
[prompt] # ./configure
[prompt] # make
[prompt] # make install
[prompt] # node -v <<--確認
[prompt] # npm -v <<--確認

そしてUglifyJSのインストールです。

[prompt] # npm install -g uglify-js
[prompt] # npm -g list uglify-js <<-- 確認

使い方

[prompt] # uglifyjs 圧縮する対象のJavascriptファイルパス > 圧縮後Javascriptファイルの保存先パス