WEB開発備忘録

AWSのEBS(ストレージ領域)の容量を増やす手順

おおまかな流れ

1.インスタンス停止
2.現在のEBSをスナップショット
3.作成したスナップショットからヴォリューム(EBS)の作成
4.現在のボリュームをデタッチ(外す)
5.新しいボリュームをアタッチ(接続)
6.インスタンス起動

1.対象のEC2インスタンス停止

まず最初に現在のインスタンスを停止します。
EC2」→サイドメニューより「インスタンス
1.サイドメニューからインスタンス一覧へ

ボリュームを増やすインスタンスを停止します。
インスタンスを選択して「アクション」より「停止」させます。
2.インスタンス停止

 

2.現在のEBSをスナップショット

そしてインスタンスにアタッチされている現在のEBSをスナップショット(つまりコピー)
サイドメニューの「ELASTIC BLOCK STORE」より「スナップショット」をクリックし
3.サイドメニューからスナップショットへ

スナップショットを作成します。
インスタンスに紐づけられたボリュームを選択して作成しましょう。
4.スナップショットを作成する

 

3.スナップショットから新しいEBS作成

作成したスナップショットから新しいボリューム(EBS)を作成します。(ストレージを複製)
サイドメニューより「ELASTIC BLOCK STORE」→「ボリューム」と移動し
5.サイドメニューからボリュームへ

先ほどのスナップショットから新しいEBSボリュームを作成します。
スナップショットIDに、作成したスナップショットの情報を指定します。
サイズには新しいストレージの容量を指定します。
6.先ほどのスナップショットからボリュームを作成する

4.現EBSをEC2インスタンスからデタッチ

先ほどの「EBSボリューム一覧」より、EC2インスタンスの現在のボリュームEBSをデタッチ(外す)します。
7.現在のボリュームをデタッチ

 

5.新EBSをEC2インスタンスにアタッチ

そしてEC2インスタンスに新しいボリューム(EBS)をアタッチ(接続)します。
8.新しいボリュームをアタッチ

この時のアタッチするデバイスの指定に注意です。
※ 通常はデバイス「/dev/xvda」にアタッチします。
アタッチとはつまりマウントです。

 

6.EC2インスタンスを起動

EC2インスタンスを起動します。
9.インスタンスの開始

 

これでEC2インスタンスの各データを保持したままストレージ容量を増やすことが出来ました。